スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by あす
 
[スポンサー広告
去り行く人々
今日ロッテの初芝選手の引退が発表されました。
テレビ中継始まる前聞いてたラジオ中継でそれを知ってなぜかすごい衝撃を受けました。
初芝さん、顔しか分からなくてどんなプレーする人か知らないんだけど、
ロッテ一筋17年の生え抜き選手ってことはなぜか知ってました。
(選手名鑑とかに載ってたのかな)
そういう選手が引退してしまうって、
応援しているチームでなくてもなんか寂しくなってしまいますね。
私は「生え抜き選手」にものすごく弱いです。
全然知らなくてもそれだけでなんか感情移入してしまいます。
そう、広島の野村選手もね。
今日のスポニュ見てて感動しましたよ。
野村の打席、広島のファンも横浜のファンもみんな赤い「7」のボード持って
「のむらーのむらー」ってスクワットの応援してた。
横浜での試合だったにもかかわらず「広島市民球場みたいだった」そうです。
泣けますよもう。
それだけ長いこと現役続けてきてファンに愛される選手っていうのはほんの一握り。
ある意味プロ野球界にとっても財産だと思うんですよねぇ。
若い選手がどんどん頭角を現してくるのはそれはそれですごく嬉しいことなんですが
ベテランさんにはベテランさんにしか果たせない役割っていうのも絶対にあると思うし。
体力や気力の限界っていうのはどうしてもきてしまうものだから仕方ないとは思うのですが、
ファンとしてはいつまでもフィールドに立ち続けて欲しいと思っちゃいますよね。
チームの若返りとか王監督が言うところの「血の入れ替え」とかも必要なんでしょうし
一概に言えることではないですけども。
うーん、難しいなぁ。というか、やっぱりとにかく寂しいんだなぁ。

こういう話題が出てくると、オフが来るのがこわいんですよね。
鷹では誰がいなくなっちゃうのか・・・
あー、まだ考えんとこ!
Posted by あす
comment:0   trackback:0
[野球全般
comment
comment posting














 

trackback URL
http://letswakataka.blog54.fc2.com/tb.php/112-7c74448f
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。