スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by あす
 
[スポンサー広告
スト決行
ついに決定されましたよ、ストライキ権の行使。
無期限ストになったらどうしようって思ってたので、
9月の土日だけって聞いて少し安心しました。
でも、ストライキは避けてほしかった・・・。
まさに諸刃の剣。
むしろ選手達の受けるダメージの方が大きすぎるんじゃないかと思う。
悲しいけれど、私はストをやっても合併は止められないんじゃないかと思っている。
選手達も薄々そう思ってるんじゃないのかな。
でも、今のまま終われるわけがない。選手の気持ちもファンの気持ちも収まらない。
だから、自爆覚悟でストライキ?・・・そう思えてしまう。

勝算はあるんだろうか。
経営側はストが実行されたら損害賠償も考えているという。
スト実行、しかし合併は止められず、さらには選手会に損害賠償請求。
そんなことになったら本当に日本球界壊滅ですよ。

仮にストをやって合併に待ったがかかったとする。
でも、その後どうするのかっていう問題もある。
まずスト期間中の試合はどうするのか。いつ、どこに振り替えるのか。
近鉄の赤字問題に対して選手会はどう解決策を提示するのか。
一番肝心なことである、来期のペナントレースはどうするのか。
少し考えただけでも問題は山積みだよ。
合併を力ずくで止めたからには、それ相応の責任も負わないといけないわけで。
今は「合併反対!球団をなくすな!」っていう感情が先行しているけど、
「じゃあ合併は一時凍結しましょう。で、どうすんのこれから?」
って言われたとき、具体的に何かを語れる人って
選手にもファンにもどれぐらいいるんだろうなっていう気がする。私も含めて。
だけど、「だからストには心から賛成できないんだよな」って思ってしまうのは
ものすごくずるい。
って、自分で思う。
今のまま2リーグ12球団がいいって思ってるくせに、
強行手段に出てプロ野球界がめちゃくちゃになってしまうのが怖い。
それだけならまだしも、もし合併が凍結されたとしても
その後の責任云々の話で泥沼化するのはうんざりだ。
これだけのっぴきならない状況でそんな甘ったれたことを考えてる私は
プロ野球ファン失格なんだろうな。

だけど、私よりもっと軽い気持ちで、あまり思い入れなくプロ野球を見ている人は、
私よりもっと真剣に球界再編問題を考えている人よりも何十倍・何百倍も多いわけで。
そんな人たちが、ストライキが決行されて、それ以降の泥試合を見て、
野球から遠ざかってしまう可能性はきわめて高い。
人間なんて無責任なもの。流されやすいもの。
はじめは「合併絶対反対!」って言ってた人たちの中には、
問題が長期化すると気持ちも冷めて
「もうどうでもいいじゃん。いい加減選手も折れろよ」
とか平気で言い出したりするんだよな。
去年までの自分だったら間違いなくそうなってたと思うし。

ストをやったら、離れていってしまうファンがいるのは間違いないこと。
でも、それを止めることができるのは選手達なのです。
ストをやる前・やった後に
ファンに対してどれだけ誠意を持って考えを伝えることができるか。
そこにかかっていると思います。
多くのファンがストやったらいい、ストも仕方がないと思ってるけど、
ずっと前からチケットも買って楽しみにしていた試合が突然なくなるっていうのは
やっぱり悲しいし腹立たしい。
選手達のため、これからの球界のためと思って耐えようとしているファンに対して、
選手達が発する言葉を間違えたら、それこそ自滅ですよ。取り返しつかない。
ストライキ。
それは選手達の「プロ」としての真価が問われるときでもあるのかもしれません。

いろいろ書いてきましたが、やっぱり本音では合併もストも嫌だ!
・・・そう思ってる私はコドモですかねぇ。
でも、スト回避をエサに話し合いの場を持たせることは可能なんじゃないか。
そういう一縷の望みは捨てないでいたいと思います。
Posted by あす
comment:0   trackback:0
[球界再編問題
comment
comment posting














 

trackback URL
http://letswakataka.blog54.fc2.com/tb.php/449-679df48e
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。