スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by あす
 
[スポンサー広告
惜敗
長嶋ジャパン、負けました・・・。
仕事中に速報チェック。
松坂大ちゃんが3回6奪三振とかとんでもないことになってて1人で大興奮。
これは、これは一刻も早く帰らねば!!
って、こんな日に限ってすんなり帰れない。
全然落ち着かずに同じ失敗3回ぐらい繰り返してますます帰れない。
そうしてるうちにも奪三振数はどんどん増えていく。
あぁダイスケ!待ってろすぐ行くからな!(どこへ行く気なのか)
最後に速報をチェックしたときは1点献上したところでした。
もうほんとに居ても立ってもいられずに家へ直行。

テレビをつけたときにはダイスケはもうマウンドに居なかった。
9回表1アウト。
岩瀬さんが危なげなく押さえて9回裏へ。
その時私は泣きそうになるのをこらえながらテレビの前で正座&祈りのポーズ。
日本の攻撃がジョーからだと知って死ぬ気で祈った。
「ジョーお願いジョーお願いジョーお願い・・・」
呪文のようにつぶやきながらテレビを見つめる。
きっと今日本中でたくさんの人が祈ってる。願ってる。
その力がどうかどうか届きますように・・・!ジョーの力に変わりますように・・・!
本気でそう思った。

だけど・・・。空振り三振。
その後ノリさんの打席も谷さんの打席も祈ってたけど、どこかでもうダメだと思ってた。
ジョーがチャンスを作らなければ勝てないと思った。
そして、勝てなかった。
その瞬間、涙がぼろぼろ零れた。
何でこんなに泣いてるんだろうって自分でおかしくなるほど涙が出た。
決勝戦、金メダル。
確かにそれも惜しかったけど、何より今日は松坂大輔に勝たせてあげたかった。
実際に映像は見ていないけど全身に鳥肌が立つようなピッチング。
打球の当たった右腕だって痛いに決まってる。
でもそんなものは微塵も感じさせない。
勝ちたい。だから勝ちにいく。それだけ。気迫が伝わってきていた。
そんな彼にどうしても白星を手にしてほしかった。
ペナントレースでは憎たらしいだけの存在なのにどうしてだろう?

完封負け。打線が繋がらない。
でも、誰も責める気にはなれない。
みんなみんな心底勝ちたいと思って必死に戦ったのは痛いほど分かってる。
だから誰の責任でもないよ。
ただただ、悲しい。勝たせてあげたかった。
でも、試合後のコメントで中畑ヘッドコーチや宮本キャプテンが
「すみません」とか「申し訳ない」とか言うのは絶対おかしいと思った。
ますます悲しくなる。
私たちは金メダルを持ち帰ってほしいから応援してるんじゃないよ。
選手達全員にオリンピックで最高の喜びを味わってほしいから応援してるんだよ。
自分達のために野球をやってほしいんだよ。
やはりそれだけ長嶋監督の存在、そして日の丸は、
重く重くのしかかっているのでしょうか・・・。
それがあったからこそ強く結束できたのだろうけど、
どうしたって複雑な気持ちは拭えません。
オリンピックってメダルのためだけにあるわけじゃないでしょう・・・?
出場している選手達はもちろん
上位入賞、表彰台、メダルを目指して頑張るわけですけど、
見ている私たちはそこに何を求めているのか。
メダルの数だけ勘定していて一体何が残るっていうんだ。
あぁぁ思考が迷走してる。

まだ終わってない。
明日最後の試合。先発、和田毅。
今彼がどんなことを思っているのか想像もつかないけれど、
自分達のために勝ちにいけ。
選手、コーチ、スタッフ、みんな心身ともに疲れ果ててるでしょうけど、
悔いだけは絶対に残さない、最高の試合を祈るだけです。
Posted by あす
comment:0   trackback:0
[アテネオリンピック
comment
comment posting














 

trackback URL
http://letswakataka.blog54.fc2.com/tb.php/471-fa923292
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。