スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by あす
 
[スポンサー広告
怪物
メジャーリーガー松坂大輔さんのデビューを受けて
各局で松坂特集が組まれているようですね。
なんとなくチャンネル変えてたら目に付いたので
何気なく見ていたのですが、うっかり泣きそうになってました。

わたし、松坂世代が甲子園を席巻していたころ
全く野球に興味なかったのでリアルタイムで全然見てないし
松坂にも松坂世代にも特別な思い入れってないので
これまで当時のことを知ろうともしてなかったんですよね。
PL戦が伝説になってることぐらいはなんとなく知ってましたけど。
しかし、テレ朝の番組で「伝説の三日間」の顛末を知って
なんちゅうことが起こっていたんだ、と鳥肌がたちましたよ。
これ、当時見ていた人たち、その時点で間違いなく
「この試合は今後伝説として語り継がれる」って確信してただろうな。
ほんと、伝説を目撃してるんだって興奮があっただろうと思う。
去年の夏の甲子園もそうだったけどね。

泣きそうになったのは、延長17回に入るとき、
常盤くんが疲労困憊の松坂に対して言った言葉。
「勝つのは俺たちだ」「俺が何とかしてやる」
そしてその回、その言葉を証明した常盤選手の勝ち越しのツーランホームラン。

なんだこのドラマは。

延長17回、250球。
一人で投げぬいた怪物は翌日の大逆転勝利を呼び込み
その翌日にはノーヒットノーランで大会制覇。

作り上げられた「怪物像」、
私はそっちが先だったので
プロ野球選手としてのすごさは分かっているつもりでも
彼が「怪物」と言われた所以、その原点を垣間見て
松坂大輔の本当の大きさ、底知れなさを思い知った気がします。

大ちゃん、あんたほんとにすごかったのね。
いまさらながらこんなんでゴメンナサイ。
メジャーリーグ。
私はいまだに興味が持てないのだけれど
あなたの夢、じゃなかった目標の舞台。
思う存分やってみせなさいよ、こにくたらしく思わせるぐらいにね。
Posted by あす
comment:0   trackback:0
[野球全般
comment
comment posting














 

trackback URL
http://letswakataka.blog54.fc2.com/tb.php/811-e9122007
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。