スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by あす
 
[スポンサー広告
PO 2nd 第3戦 5-4 勝ち
うぅ、もう感激しました。
我を忘れました。
とりあえず、ありがとうみんな!!!
よく最後まで諦めなかった!!

正直、全然勝てる気がしていませんでした。
最初、ナギの神ピッチで「うおおぉぉ!!」って1回表なのにテンションは上がりまくり、
内野S指定ですが完璧外野のテンションで応援を開始していました。
でも、案の定中軸の打たないこと打たないこと・・・。
そして向こうはみんなきっちり仕事することすること・・・。
4番の3打席目の三振は、さすがにぶち切れて「のぶひこーーーー!!!」と絶叫でした。
4打席目に至ってはもう叫ぶ気力もなく。
「こんなんで勝てるわけねぇよ・・・」とつぶやくので精一杯。
8回ぐらいからもう何を考えていいのか分からなくなってました。
勝てる気しないし全然惜しい試合でもないからそう悔しくもないかなと思ってましたが
回が進むに連れて、なんか分からないけどじわーっと涙がにじんできてました。
ロッテも30数年ぶりの優勝だし、初芝さんに最後の最高のプレゼントができていいんじゃね?
とか思おうとしてみたけど、やっぱりムリでしたね。
そう簡単に気持ちが切り替わるはずもなく。
136試合戦い抜いてつかんだ首位ですよ、こんなあっさり持っていかれて納得いくか!!
9回は「なんとか1点でも返して意地を見せてくれ・・・」と半泣きで祈ってました。
でも、鴎の劇場系守護神がおかしかったですからね!
カブレラが全然打つ気ないみたいな構えで「なんだあれ?もうカブたん試合投げたのか?」
とか思ってましたけど、あれも作戦だったのでしょうか。
雅さん勝手に荒れてくれて、1-3だか2-3だかになったんだっけ?
おもむろにカブレラヒッティングの構えでスパーンとセンターへ抜けるヒット!
代打バティ。このときばかりはバティの神様にもお願い。
・・・でもにわかは相手にしてもらえないのか、凡打。
続いて代打大道。「なんとかしてくれ大道ぃ・・・」と情けない声で叫ぶ。
そしたら、ほんとに何とかしてくれた!!
とにかく必死にやった結果だったと思います。コバマサ、見事に期待に応えてくれてありがとう。
そんで大道さんもね!!今日はほんとーにカッコよかったっす!!
頼りになるわこの人・・・と思いました。
そして宗則も!もうみんなステキすぎてなに書いていいか分からん。
しかし、一番は荒金君だと思うのですよ!!
あんな異常な雰囲気の中、しかも判定覆ったりした後で
流れ途切れちゃうんじゃないかという不安の中、
このお兄ちゃんは大丈夫なのかとビクビクしながら祈ってましたが、
まさに値千金の2点タイムリー!!ついに1点差!アンタ・・・すごいよ・・・(泣)
みやっさんは凡打、そして回った信彦。
あなた最後のチャンスよ。ここで打ったらこれまでの行いは水に流してやるから!
ってぐらい思ってましたよほんとに。
自分自身のためにもとにかく打てェェェ!!
しかし、ここで敬遠。「ブーーーー!!」とブーイングしまくってましたが、
本心は別にありましたね。「アリガトウ鴎さん・・・」って。
だってどう考えたって信彦よりズーのが可能性あるって今の時点で。
ブーイングはさらに雅さんにプレッシャーを掛けるためのものでした。
そしてものの見事に動揺しまくったコバマサさん、ズレータに押し出し四球。
同点。
試合が振り出しに戻りました。スタンドは異様な雰囲気。
私は我を忘れて叫びまくってました。(そしてその姿がきっとテレビに映っていると思われ・・・;)
もう内野も総立ちですよ。
勝てる。
そんな空気が充満してました。というか、誰もが思っていました。これは勝てる。
9回にそのままサヨナラできればよかったんでしょうが、さすがにそれは。
でも、延長戦にもつれこんでも勝てるという確信は全然揺るぎませんでした。
10回表は三瀬さん・まはーらの気迫のピッチング。
西岡を出したけどきっちり三振で締めましたからね。
ほんとーにありがとう!!逆転への流れを止めないピッチングでしたよ!!
そしてそれをリードしていた領健!!もうなんて言っていいのか分からない。
残ってる捕手があんたしかいないって気付いたときは腰を抜かすかと思いましたが、
さすが大学ナンバーワン捕手という冠は伊達じゃなかったね!
この経験は絶対に今後の大きな糧になるからね。
そして迎えた10回裏。
バティスタ、今度はきっちり仕事しました。ありがとう神様!
ゴエさんも1球できっちり送って。
頼りになるオームラさんが打ち、ムネにサヨナラのチャンスが!
打てる!打てる打てる!あんたならやれる!!
声の限りに叫び続けました。どうか少しでもこの声が後押しになりますようにと。
カウントなんて覚えてないけど、振りぬいたバットが捉えた打球は
きれいに1・2塁間を抜けていきました。
ベンチに向かって右腕を振り上げた宗則に鳥肌。絶叫。
本当にひっくり返してしまいましたよこの人たち・・・。

もう、嬉しくて嬉しくて仕方がありませんでした。
信じられますか、9回表まで泣く準備してたんですよ?
鴎ベンチは胴上げに備えて選手いっぱいになってたんですよ?
(そんなことやってるから小野も藤田も肩作れなかったんだろうよ)
1点でも返せればって思っていたのが、まさかのサヨナラ勝ち。
これは本当に勢いに乗れる勝ち方です。
短期決戦、勢いってものすごく大事な要素じゃないかと思っています。
今日はみんないっぱいヒットも打ったしね。だいぶ力も抜けたんじゃないかと。
4戦、そして5戦。期待もてると思います。
このまま勢いに乗って勝ーつ!!
わっさん、肩がどうのとか言ってられんですからね。
全力で和田毅らしいピッチングを見せてくれ。
明日もスタンドで見守りますよ。どうかあさってまで試合見れますように・・・。
Posted by あす
comment:0   trackback:0
[戦う鷹2005
comment
comment posting














 

trackback URL
http://letswakataka.blog54.fc2.com/tb.php/92-f71f47ea
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。